今年の人気アプリを紹介

2018年の若者男子に受ける人気アプリを厳選!

Twitterをよく利用しています。朝起きて、フォローしている人たちは今何をしているかなと思った時や、テレビで気になるニュースがあった時に、世間の人たちはどんな意見を持っているんだろうと知りたくなった時などにアプリを開いています。また、夜に仕事が終わって家に帰ったけれど、家にほかの誰もいなくて少し寂しいと感じた時や、レストランでおいしいご飯を食べて、いつも話しているフォロワーの人にも写真を見てもらいたくなった時などに利用しています。

twitter.png

ある朝何気なくTwitterを開くと、いつも利用している電車が知らない内に運転見合わせになっていて復旧の目途が立っていないというツイートを目にしました。その日ももちろんその電車を使う予定でしたし、テレビではまだそういったニュースは放映していなかったので(少し経ってから報道されましたが)、いち早く情報を手に入れられてとても助かりました。

また、少し前に大きな地震があった時に、地震が起こった時にまず取るべき行動、取らないべき行動、被災しなかった人に向けて実際の体験を交えながら被災時に行うことへのアドバイスなど、たくさんの有益な情報を手にすることができました。ほかにも身体に障害を持った方や病気に罹っている方が普段周りの人からどういう扱いを受けていて、どう思っていて、本当はどう接してほしいかなど、口では言いづらく発信もしにくい意見をツイートしていて、自分が今まで持っていた価値観が変わったり、考えたこともないようなことへの意見を知ったり、様々なきっかけを与えてくれました。

最近ではマストドンなどTwitterによく似たアプリも出てきているのですが、やはり利用者数が圧倒的に多いです。そのため、1つの情報に対して非常に多くの視点からの意見を知ることができます。また、ほかのSNSと比べても1つ1つの投稿が手軽にできるため、本当にその瞬間に起こっていることをリアルタイムで知り、実感することができます。FacebookやInstagramなどと比べても、記事の投稿の手軽さで言えば群を抜いていると思います。

Twitterは基本的にユーザーにカテゴリというものが存在しないので、どんなツイートも同じタイムライン上に表示されます。もしユーザーまたは投稿する記事をカテゴリ別に分けてくれるようなSNSアプリがあったら、欲しい時に欲しい情報を迷うことなく手に入れることができて嬉しいです。Twitterでは複数のアカウントを作って、用途に分けてフォローする人を選び対応していますが、かなりの手間がかかりますし、それでも関係のない情報はどうしても混ざってしまいます。

電車の遅延情報や気象情報は公式のアカウントがあるため、運行状況や災害の状況も正しく知ることができます。例えば震災などの災害時に便利なアプリも色々あります。例えば「ポケットシェルター」というアプリは災害警報に連動して自動的に起動し、オフライン状態でも速報や警報の内容を地図に表示、安全な避難場所へ誘導してくれるそうです。ポケットシェルターの藤川博久さんは「震災時に、避難場所がわからない人も多かったが、安全な避難場所に効率的に行くことができる技術を開発した」と話している記事を同僚が見つけて教えてくれました。地震や台風などの災害が最近多いので、何かひとつはアプリをダウンロードして備えたいと思っています。

カテゴリー:

« 小遣いピンチ時に便利なメルカリ   
Copyright © 2016 若い男性に人気のアプリ♪ . All rights reserved